考えたい戸建の詳細条項

太陽光発電を想定した戸建てには、鋼板屋根がオススメです。鋼板は耐水性が強く、強度が高いからです。

考えたい戸建の詳細条項

使える情報についてオススメあります

考えたい戸建の詳細条項

太陽光発電を想定した戸建ての屋根素材

戸建てで電気を自家発電にしたい、というときには、屋根の素材選びがポイントです。というのも、場合によると、とりあえずは家を建てておいて、予算が出来てから太陽光発電の設備を購入するというのでも良いからです。意外と知られていないかもしれませんが、建築するときに、きちんと太陽光発電設備を設置するという前提で設計してもらっていれば、新築完成時に太陽光パネルが搭載されていなくても良いわけです。基本的には、新築時であっても、家全体の工事が完了してから、太陽光パネルと、パネル搭載のための架台が設置されるわけですから、新築完成時の引渡し時に間に合うかどうか、遅いか早いか、の違いなのです。最初から太陽光パネルの搭載を想定しいるのでしたら、鋼板素材がオススメです。鋼板は耐水性能が高くて、しかも強度そのものが高いため、架台の設置にも十分に耐えられるからです。鋼板にしておけば、そこに搭載させる設備に対しての柔軟性を得られるというわけです。アンテナの設置にも安心できる強度です。
鋼板屋根の耐水性能は、とても信頼できると言えます。鋼板そのものの防水能力は、地下室の防水対策に活用されるほどのものです。しかも防水シートよりも遥かに強度があるわけですから、重量のある太陽光パネルや、そのパネルを設置するために必要となる架台の重量にも、十分に耐えうるものとなります。戸建てで注意したいのは、やはり雨漏りリスクです。たとえ小さな穴や亀裂であっても、そういった隙間が発生すれば、雨水が侵入する可能性が高いからです。室内に、いきなり雨水がポタポタ落下することは、まず、ありません。防水シートや天井板が腐敗して、それから落下してきます。つまり時間が掛かるわけです。時間がかかるということは、その間に家そのもののダメージも広がっているということです。家は見栄えも大切ですし、工務店によっては得意とする分野に違いがあるものです。しかし、太陽光パネルを搭載させるのでしたら、やはり耐水性能と耐重性の強度の両立を考えたいところです。

注目情報